京都府京都市左京区のインプラント専門いのうえまさとし歯科医院


by inoue-dental
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

All-on-4の本数

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長・瀬川篤典です。前回予告していたセミナーですが、直前になってインフルエンザにかかってしまい欠席させていただきました。関係者並びに聴講に来られた方々には多大なご迷惑をおかけいたしました。この場を借りてお詫び申し上げます。

e0136736_221383.jpgさて、All-on-4という術式はその名の通り4本のインプラントで上の歯、あるいは下の歯を支えるというものですが、実際当院においてAll-on-4をさせていただく場合、インプラントを6本使用する場合が多いです。
元来All-on-4はポルトガルのパウロ・マロ先生が提唱したコンセプトですので、もちろん日本人を想定したものではありません。ポルトガルを始め西洋の人種が歯周病になってそれでもなお多くの骨が残っているのに対し、日本人の歯周病のかかった人はほとんど骨が残りません。そのため短いインプラントや細いインプラントを使わざるを得ず、それを補うために本数を増やします。
しかしその少ない骨のどの位置にインプラントを埋入するかは、かなりの経験が必要になってきます。当院では多くの症例を経験しているのはもちろん、CTやノーベルガイドを駆使して、適切な位置に埋入を計画することができます。安心して治療を受けていただけます。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
  インプラントのお問合せは
 京都インプラント再生センター

当院院長のブログは毎週日曜日更新です。
畑山先生のブログは毎週金曜日更新です。
[PR]
by inoue-dental | 2009-04-22 22:02