京都府京都市左京区のインプラント専門いのうえまさとし歯科医院


by inoue-dental
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

レーザーを使った二次手術

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長・瀬川篤典です。とうとうゴールデンウィークも終わってしまいました。みなさんはどこかに出かけたのでしょうか?それとも、家でゆっくりとされていたのでしょうか?

e0136736_23455518.jpgインプラントの手術に二次手術があります。これはインプラントを埋入(これを一次手術といいます)して、数ヶ月インプラントが骨と結合するのを待った後に頭出しをする手術のことです。通常は一次手術と同じように歯肉を切開して、アバットメントという部品を取り付けて、縫合する…こういう手術をするのですが、当院では、切開をせずにその部分だけレーザーで穴を開けてアバットメントを取り付けて…以上で二次手術終了です。左は当院で使用しているレーザーです。手順が少なくてすむので、患者さんにお口を開いておいていただく時間がかなり短縮されます。本当にあっという間に終わってしまうのです。さらにいくつかのメリットがあります。ピンポイントでレーザーを当てるため、切開をするよりも麻酔の範囲が小さくてすみます。また手術後の痛みや腫れが少なくてすみます。そして、縫合しないので抜糸のために来院していただく必要がありません。
もちろん一次手術をレーザーでというのはさすがに難しいのですが、そういう場合はノーベルガイドを用いれば切開や縫合をせずに手術を行うことが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
  インプラントのお問合せは
 京都インプラント再生センター

当院院長のブログは毎週日曜日更新です。
[PR]
by inoue-dental | 2008-05-07 23:44