京都府京都市左京区のインプラント専門いのうえまさとし歯科医院


by inoue-dental
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

OAMの応用テクニック

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長・瀬川篤典です。毎日暑い日が続いております。今年はオリンピックイヤーですね。高校野球にオリンピック、違う意味でもアツい夏になりそうです。

e0136736_23145191.gif今回はOAMのアドバンステクニックについてお話します。
図のような抜歯即時埋入を行う場合、通常であれば抜歯窩にドリリングしてインプラントを埋入します。その後インプラントと抜歯窩の空隙に人工骨か自家骨を埋める必要があります。
OAMシステムでは、埋入予定部位に#35リーマーから始め、0.5mmのオーギュメーターから順に最終3.2mmまで拡大していきます。図は拡大を終えたところです。このような場合OAMシステムを応用すれば、○の部分の骨を無駄にしなくてすむ上、この部分の骨が元に戻ろうとする力によりインプラントの初期固定が得られやすいという利点があります。

今回はちょっと専門的なお話になってしまい、一般の方には申し訳ありませんでした。また歯科医師の先生でOAMに興味がおありであれば、メディカルエイペックスさまのHPを一度ご覧になってみてください。OAMの講習会も月1回のペースで行われております。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
  インプラントのお問合せは
 京都インプラント再生センター

当院院長のブログは毎週日曜日更新です。
畑山先生のブログは毎週金曜日更新です。
[PR]
by inoue-dental | 2008-08-06 23:23