京都府京都市左京区のインプラント専門いのうえまさとし歯科医院


by inoue-dental
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Dr.Friberg

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長・瀬川篤典です。今年のノーベル賞が発表され、ノーベル物理学賞とノーベル化学賞、合計4名の日本人が受賞されることが決定しました。ノーベル賞発祥の地・スウェーデンにわれわれが研修で訪れた本年に、4名の日本人がノーベル受賞されるということになにか感慨深いものを感じております。

e0136736_2350111.jpgスウェーデン最終日は、午前中イエテボリ大学内のブローネマルククリニックの見学とDr.Fribergの講習がありました。
ブローネマルククリニックの見学においては、診療風景こそ見ることができませんでしたが、診療を行うチェアーの数の多さや、設備が充実していることにたいへん驚きました。このような環境で臨床実習を受けることができるイエテボリ大学の学生たちは非常に恵まれているものだと感じました。
その後Dr.Fribergの講義は、インプラントの歴史から貴重な症例の話まで多岐にわたっており、とても充実していました。しかしそのような症例の大部分が、当院でもすでに行われているか、あるいは今すぐにでも応用可能なものであり、当院の治療が世界最先端のスウェーデンと同じ水準にあることを確認することができました。ただ、移植材として当院では用いることのない牛や豚から抽出したものを使用しているという点では共感できないところがあります。以前にも書きましたが、当院でそのような移植材を用いないのは、狂牛病をはじめ、未知の病気が潜んでいるかもしれないからです。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
  インプラントのお問合せは
 京都インプラント再生センター

当院院長のブログは毎週日曜日更新です。
畑山先生のブログは毎週金曜日更新です。
[PR]
by inoue-dental | 2008-10-08 23:52