京都府京都市左京区のインプラント専門いのうえまさとし歯科医院


by inoue-dental
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

静脈内鎮静法

e0136736_22291048.jpgみなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長・瀬川篤典です。とても寒くなりましたが、みなさまにはいかがお過ごしでしょうか。先日の土曜、日曜と梅田スカイビルでインプラントの講習会を受けてきました。その梅田スカイビルの広場では巨大なツリーが飾られており、クリスマスムード一色でした。

インプラントをはじめとするさまざまな手術時に、局所麻酔で完全に痛みを感じないようにしたとしても、患者様の不安などの精神的ストレスまでは消し去ることはできません。そこで当院でも静脈内鎮静法を取り入れることになりました。
静脈内鎮静法とは、抗不安薬や静脈麻酔薬などを使用して鎮静状態を得る方法です。従来の笑気に比べて安定した鎮静効果が得られ、健忘効果という利点があります。健忘効果とは、手術中に起こった出来事をそのときは理解しているのですが、術後薬が切れて目を覚ましたときにはその出来事を覚えていないことをいいます。ですから、手術中痛み以外、例えばドリルによる振動などは不快なものなのでしょうが、術後は全くそのことに関して記憶がないということになります。
この度、静脈内鎮静法に非常に精通した先生と提携させていただくことになりました。ですから、患者様には安心して静脈内鎮静法を受けていただくことができます。もちろん希望される患者様のみで、すべての方に静脈内鎮静法をさせていただくものではありません。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
  インプラントのお問合せは
 京都インプラント再生センター

当院院長のブログは毎週日曜日更新です。
畑山先生のブログは毎週金曜日更新です。
[PR]
by inoue-dental | 2008-12-10 22:32