京都府京都市左京区のインプラント専門いのうえまさとし歯科医院


by inoue-dental
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:未分類( 125 )

 こんにちは、インプラント再生センターの武田敦子です。
 患者様のご質問に良くある、「治療期間」についてお話します。
 当院でインプラント治療を受けられた患者様よりご紹介頂いた患者様が多くいらっしゃっていることは、以前にお話致しましたが、「私の場合は?」とよく治療期間について、ご質問をお受けします。
 インプラント治療を受けられた患者様が、審美的に綺麗に、そして機能的に快適に、インプラントをご使用になられ、ご紹介の患者様はこの良さをご覧になられて、ご自身も早くゴールを迎えたいお気持ちで、来院されます。
 インプラントをより良い状態で長くご使用になる為には、仮歯の時期で少しお時間を頂く場合がありますが、歯科医師としては、最短で、最終上部構造が入るよう治療計画を立てます。
 この期間は、個人差があり、しっかりとした診断が必要です。
 
e0136736_19451861.jpg
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました.
[PR]
by inoue-dental | 2010-05-12 00:11

歯の再生インプラント

 こんにちは、インプラント再生センターの武田敦子です。
 ゴールデンウイークです。私は同期の先生の所へお邪魔しています。
 同期の先生と昔話に花を咲かせながら、歯科医学の将来への展望について話が弾みました。
 あまりに話が弾んで時間も忘れてしまい、お店のスタッフが「申し訳ないです、お時間です。」と声を掛けて頂くまで、尽きることなく話し込んでいました。
 熱い思いはこの先生も持っているので、また刺激を受けに飛んで来たいと思いました。
 いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]
by inoue-dental | 2010-05-05 00:35
 こんにちは、インプラント再生センターの武田敦子です。
 いよいよゴールデンウイークが始まります。皆様はどのようなお休みを過ごされますでしょうか?お天気が後半はくずれるとか・・・。早い時期にご予定を組まれるのが良いのではないでしょうか?
 この時期を目前に、インプラント埋入手術を行いました。今回の手術では即時に負荷をかけない治療でした。これは、喫煙の習慣をお持ちの患者様で、最善を尽くす為に、即時負荷を避け、インプラント埋入手術直後は義歯で過ごして頂くことになりました。
 元は義歯を使用されていらした患者様でしたので、負荷を掛けられる時期までは義歯を使用して頂くことにご了承頂けました。
 
e0136736_19505817.jpg
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました.
[PR]
by inoue-dental | 2010-04-28 19:51

インプラント治療

 こんにちは、インプラント再生センターの武田敦子です。
 先日、東京へ勉強会出席の為、行って参りました。
 当日の早朝は雪が舞っていたらしい東京ですが、お昼には春の日差しがポカポカと、穏やかなお天気となりました。偶然ですが、コートを忘れてしまった私は、荷物になることなく過ごすことが出来ました。
 インプラント治療を他院でお受けになり、しばらく使用していらっしゃいましたが、感染を起こし、「揺れてくる」を症状に来院された患者様がいらっしゃいました。
 この揺れているインプラント体は抜去の必要性があり、幸いなことに、その部位に充分な骨が残っていたので、再度、埋入することが出来ると診断し、ご説明させて頂きました。
 この部位だけでなく、他の部位にもインプラント治療を受けていらっしゃるので、インプラントで「噛める」と云う良さを知っていらっしゃる患者様は、ご高齢でしたが、「また噛みたいからお願いするわ。」と当院で、インプラント埋入処置を受けられました。
 フラップレス(歯肉を切開剥離することなく)での処置を行い、15分で手術を終えることが出来ました。「技術が進んでいる。」と、とても感心していらっしゃるご様子でした。
 
e0136736_2134484.jpg
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました.
[PR]
by inoue-dental | 2010-04-21 00:17

インプラント埋入手術

 こんにちは、インプラント再生センターの武田敦子です。
 当院では出張手術で他院へお伺いする機会が多く、その出張先では、沢山の出会いがあり、色々な症例に恵まれます。
 院長のブログにあったように、他院への出張手術は限られた機材を使用し、あらゆるシュミレーションをして、その限られた範囲の中でベストを尽くすことが出来た結果として、手術時間の短縮や、侵襲の少なさに繋がります。
 当院へ通院して頂いている患者様と違い、手術当日に初めてお顔を拝見するといった患者様も珍しくありません。ところが、お口の中の資料は事前に頂いているので、先程のお話ですが、充分に治療計画が立てられるように熟知しています。
 これは安全で、安心なインプラント治療を受けて頂く為には必須なことです。
 e0136736_2082088.jpgいのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました.
[PR]
by inoue-dental | 2010-04-14 20:08
 こんにちは、インプラント再生センターの武田敦子です。
 先日兼六園へ、行って参りました。桜はここぞとばかりに満開で、花より団子の私も目を奪われ、広いお庭を散策しました。時折風が強く吹きますが、穏やかな一日でした。
 眺めのよいカフェでお茶を頂いていると、隣のご婦人方の話題は、インプラント治療についてになっていました。皆さんはどうやら、ご自身ではインプラント治療は受けていらっしゃらない様子で、「やっぱり痛いのかしら?」とお噂の域を脱していない様子でした。
 よく、患者様よりのご質問で、「痛み」について不安をお持ちで、お尋ね頂きます。インプラント埋入手術中は、局部麻酔をさせて頂くので、当然ですが、痛みを伴いません。
 また、当院ではCT撮影を行い、手術における侵襲を最小限に留める為、術後、麻酔が切れてからのお痛みも少ないです。
 そしてDr.の私は考えもつかなかった「痛み」を心配されてる話題になっていました。「人工の歯が骨にうまっているの、あんなものが入っていて痛くないのかしら。」とのことでした。感染がなく、骨に入っているインプラントには痛みも違和感も無いため、インプラントが入っているのもわからないくらいです。思わず「大丈夫ですよ。」と言いたくなるのを堪えて、最後の一口、お茶を頂き、お店を後にしました。
 当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です。また、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。さらに、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
 
[PR]
by inoue-dental | 2010-04-07 23:58

歯を失ったら

 こんにちは、インプラント再生センターの武田敦子です。
 寒さが逆戻りです。雪まで舞ってます。天気予報によると「強い寒波」が上空にいるそうです。そう聞くだけでも寒くなります。
 先日、フルにブリッジを入れていらっしゃる患者様が来院され、「ぐらぐらする。」とおっしゃいました。繋いで冠が入っている一部の根っこが駄目になり、この歯を残して「噛める」ように処置をするのは不可能と診断しました。患者様は随分と昔にこのブリッジの処置を受けていらっしゃいましたが、インプラント治療の説明をすると、「もっと前にこちらに来ていれば、隣の歯まで駄目にすることは、なかったのにね。」と残念なご様子でした。
 現在では失った歯の代わりに、インプラントを埋入し、隣の歯を削らずに、失った部分のみを補う事が可能です。また、繋げないことで、隣の歯の負担過多を招くことがありません。
 歯を失ったとき、他の歯へ及ぼす影響を考慮し、治療方法を選択する必要性があります。
 いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
 他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
[PR]
by inoue-dental | 2010-03-31 00:03

桜の季節に・・・

e0136736_20285816.jpg こんにちは、インプラント再生センターの武田敦子です。
 今回、上部構造を装着させて頂いた患者様より、「先生、これで皆さんと楽しくお食事が出来るわ。ありがとう。」と嬉しいお言葉を頂きました。
 観桜会が開かれ、患者様もご招待を受けていらっしゃいました。今までは義歯をお使いだった為、硬いものやくっついてしまう様なものは、「好きじゃないから。」とお召し上がりにならなかったものを、おいしく、楽しく召しあがって頂けるようになったのです。
 「手術、と聞いて想像だけで怖いと感じていたけれど、早くしてもらっておけば、あんなに苦労しなかったのに。」とも伺いました。
 不幸にも歯を無くしてしまって長年のお悩みだった「人前でのお食事」が何の不都合もなく、して頂ける様になって、嬉しく思います。
 当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です。また、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。さらに、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
 いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
[PR]
by inoue-dental | 2010-03-24 20:29
 こんにちは、インプラント再生センターの武田敦子です。
 先日行いましたインプラント埋入手術についてお話致します。
 この手術では、患者様にお口を開けて頂いていたお時間はおよそ15分でした。
 確認の為のCT撮影を行ったり、仮歯を合わせたりとインプラント埋入手術以外のお時間を頂きましたが、「えっ!?もう入ったの?」と患者様は驚いていらっしゃいました。
 これは、フラップレス(歯肉を切らず、剥離を行わない処置)でインプラント埋入を行ったからです。この方法が安全で、確実に行えるのは、CT撮影が行える設備が整っているからなのです。
 手術時間の短縮は、組織への侵襲が少なくて済み、患者様の負担が軽減されるのです。
 ただ、上部構造がセットされるまでは、患者様自身では「何にも無いみたい。」と一様に不思議に感じていらっしゃるようです。それほど違和感のない、術後に痛みを伴わない、インプラント埋入法なのです。
 いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
 他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
e0136736_21295735.jpg
[PR]
by inoue-dental | 2010-03-17 00:41
 こんにちは、インプラント再生センターの武田敦子です。
 先日の院長のブログにありました、ヒルトン大阪で開催されたインプラント勉強会のお話を致します。
 僭越ながら私も講演の機会を頂き、先生方の前でお話を致しました。他の講演をされた先生方にも質問を致しましたが、私のところへもご質問頂いたりと、とても熱の篭った良い勉強会で、またチャンスがあれば、是非参加したい勉強会でした。大変有意義な時間を過ごしました。
 この会の開催にご協力頂いた諸先生方、メーカーの方々に感謝し、お礼を申し上げます。
 e0136736_13573716.jpg
 当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です。また、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。さらに、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
 いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]
by inoue-dental | 2010-03-10 13:58