京都府京都市左京区のインプラント専門いのうえまさとし歯科医院


by inoue-dental
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 125 )

  こんにちは、再生センター副センター長の武田敦子です。
 インプラントの国際学会に参加する為、モナコへ出掛けたのですが、その近くに、空港があるニースという街の、Dr.ベネのofficeへお邪魔して来ました。
 Dr.ベネはインプラントの専門医で、当院のDr.とも話が弾み、交流を深めることが、出来ました。Dr.ベネのご予定に、ハワイで学会があるそうで、「そちらで、会うのはどうでしょう。」とお誘いを頂きましたが、日本からハワイへ行くにも8時間のフライトが必要なのを、Dr.ベネはご存知でしょうか・・・。
 Dr.ベネと、カンファレンスを行った当日、昼食を頂いたのが、ニースでミシュランより、1つ星をもらっている、日本人シェフのレストランでした。彼は、この異国の土地で大変な努力をし、星を取った今もなお、頑張っていらっしゃるのだろうなと感じました。
 牛肉とわさびのミルフィーユ仕立てを、とてもおいしく頂きました。日本語の通じるスタッフがいらっしゃったので、親切にお料理の説明をして頂きました。こういった機会を通じても、「説明」の大切さを感じました。
 当院では、インプラント治療の説明を、時間を掛けて行います。
 これは、大切な歯を失った変わりに、「歯」を入れて頂くのですから、十分な説明を必要とし、大事と考えるからです。
 
e0136736_21255152.jpg
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました.
[PR]
by inoue-dental | 2009-10-14 21:26

インプラント国際学会

 こんにちは、再生センター副センター長の武田敦子です。

 インプラント国際学会へモナコへ出掛けて参りました。

 このモナコへは、先ずフランスのパリへ飛び、南フランスのニースへ。そこから陸路で20kmほどの移動をします。世界の富豪は、自家用ジェットでモナコ入りをするので、この20km程の移動は、難なくクリアするのでしょう。

 さて、当院一行はやはり陸路を行くのですが、モナコの街はさほど大きくないのですが、建物一つ一つが大きく、次の建物の角まで、と思って歩いていると、アッという間に10分、15分と時間が過ぎています。

 このハードスケジュールでの中、無駄な時間は過ごせないので、慌しくはありましたが、充実した時間を過ごしてきました。

 この間、お休みを頂き、患者様にご迷惑をお掛けした事をお詫び致します。

 学会への参加以外にも、ニースの歯科医院見学や、現地歯科医とのカンファレンス等、沢山の貴重な経験をさせて頂きました。このご報告は、追々と・・・。

 
e0136736_20553520.jpg
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。

 
[PR]
by inoue-dental | 2009-10-07 20:56

Active システム

 こんにちは,再生センター副センター長の武田敦子です.

 「シルバーウイーク」と呼ばれた連休は,皆様如何にお過ごしでしたでしょうか?

 私は,院長も先のブログに書いていましたように,モナコで開催される学会の準備に追われる数日を過しました.患者様には休診となってしまう為,ご迷惑をお掛け致しますが,その分を更に学んで,患者様に還元できればと,考えております.

 今回は,先日行いました,ノーベルバイオケア社 Active システムのインプラント埋入手術についてお話致します.

 患者様は永久歯の先天性欠損で,以前より乳歯を大切に保存されていらっしゃいました.

 ところが,この乳歯が保存不可能になり,抜歯を迫られることに・・・.
 患者様は以前に掛かられていらした歯科で,抜歯後はブリッジを,と説明されていたそうです.
 両隣在歯は健全歯で,削るなんてとんでもないことでした.

 こんな症状に活躍を見せてくれるのが,Active システムです.
 
 当院では,スウェーデンでの研修を経て,安心してこのActive システムのインプラント治療を受けて頂けます.(私は,日本人女性歯科医師初で,スウェーデンにて研修を終えて参りました.)

 
e0136736_9553443.jpg
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。

 
[PR]
by inoue-dental | 2009-09-23 23:54
 こんにちは、再生センター副センター長の武田敦子です。
 朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。までは言い過ぎでしょうか。
 早起きの辛くなる季節になってきました。
 
 今回は先日行いました、上顎洞へのインプラント埋入手術のお話をします。
 上顎洞とは、ほっぺの辺りにどなたにも存在する空洞のことですが、インプラント治療を希望される際、「骨がない」とよく診断をされる、そんな場所へのアプローチです。
 上顎洞のこのスペースを有効に利用して、インプラント治療を受けて頂くのに、「ソケットリフト」や、「サイナスリフト」の手術方法があります。ソケットリフトと同時にインプラント埋入手術をさせて頂く場合と、骨を作るために、ソケットリフトのみを行い、時を待って後にインプラント埋入手術を行う場合があります。
 患者様には、早くおいしく召し上がって頂けるようになって頂きたいのですが、安全性や後に安心してご使用頂く為に、同時にインプラント埋入を控えることがあります。

 当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です。

 
e0136736_2129387.jpg
 いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]
by inoue-dental | 2009-09-16 21:29
こんにちは、再生センター副センター長の武田敦子です。
 そろそろ涼しい風が吹き出した、そんな過ごしやすい季節になってきました。
 電車に乗っていると、肌寒い思いをします。
 今日は、先日来院されました、外傷を受傷された、患者様のお話をしたいと思います。
 患者様は15歳の高校生、野球のエースでピッチャーをされています。
 顔面にボールの直撃を受け、歯根破折が起こりました。
 両隣在歯は健全で、虫歯の影もない、そんなお口の状態で、インプラント治療をご希望でした。ところがここで問題になるのが、年齢です。成長期にインプラント治療を受けて頂くと、様々な弊害が予想されます。一般に、インプラント適応年齢は、男性で18歳以上、女性で16歳以上と云われています。
 患者様は15歳・男性で、まだまだ成長もあります。この時期にインプラント治療を受けて頂くことが、どれだけのリスクが考えられるかをお話させて頂きました。
 また、インプラント治療が時期的に無理だからと言って、ブリッジをするのはとんでもないお話です。健全な歯を削ってしまっては、戻らない侵襲を加えてしまうことになります。このような場合、ノンクラスプの義歯(金具の無い入れ歯)を入れて頂き、適応年齢に達するまで、不便をお掛けすることにはなりますが、安全で、確実なインプラント治療を受けて頂く為に、お待ち頂きます。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
 
e0136736_2050789.jpg

[PR]
by inoue-dental | 2009-09-09 20:51

Nobel Active

こんにちは、再生センター副センター長の武田敦子です。
 今回、新システムのインプラント埋入手術を行いましたので、このお話をしたいと思います。この新システムは、昨年スウエーデンにて、日本人初女性歯科医師として、学んできた、最新のシステムです。
 日本にはまだ入ってきていなかったシステムですが、安心をして、インプラント治療を受けて頂くことが出来ます。
 当院では既にこの新システムのインプラント埋入手術例はあるのですが、私にとって今回、初めての新システム導入でした。
 抜歯即時埋入でのインプラント埋入手術も、短時間での処置で終えることができる為、暫間歯(仮歯)の調整のお時間を頂く方が長い位でした。
当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です。
 当院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
 いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
e0136736_2051186.jpg
[PR]
by inoue-dental | 2009-09-02 20:52
 こんにちは、副センター長の武田敦子です。
 急に寒くなってきました。朝も早いと暗いです。秋?を感じるには、まだ8月なんですが・・・。
 今回は先日行いました、上顎洞のソケットリフトのお話をします。
 同時にインプラント埋入も予定をしていたのですが、患者様には、同時埋入と、ソケットリフトのみを行い、埋入を後日行う手術方法の両方を説明させて頂いていました。
 同時埋入まで終えて、「埋入手術は終わりました。お写真(CT撮影)を撮らせて頂きます。」とご案内すると、「あら?今日は終わったの?じゃあ、次にインプラント埋入ね?」とおっしゃいました。「いえいえ、インプラントの埋入も終わってますよ。」とお伝えすると、「もう?インプラントも入ったの?」とお口を開けて頂いていた時間の短さに、驚かれていらっしゃいました。
 速くインプラントの埋入手術を終えることは、重要な事ではないですが、安全に行われるのであれば、速く終われることで、侵襲を最小限に抑える事が、可能であると考えられます。患者様にお口を開けていて頂く時間も短いと、ご負担も少なくて済みます。
 安全で確実なインプラント治療をご希望であれば、インプラント専門医にご相談下さい。
 いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
 e0136736_2134476.jpg
[PR]
by inoue-dental | 2009-08-26 21:04

インプラントの上部構造

 こんにちは、再生センター副センター長の武田敦子です。
 暑い日が続きます。皆様はいかがお過ごしでしょうか。私は眠るとき、涼しくして、寝入ってしまうとドライか何かに切り替え、適度な室温(28℃くらい?)で眠りたいのですが、旦那様はキンキンに冷えた状態で眠りたいらしく、温度設定を上げてくれません。かといって、途中で寒くなりすぎるのか、電源を切ってしまう為、室温は上がり、寝苦しいのか、また冷蔵庫の様に冷やしています。今時のエアコンってよく出来ているはずなのに・・・。エコには程遠いです。
 さて、今回は、先日行いました、インプラント治療の中の一つ、補綴(上部構造)のお話を致します。患者様は前歯部に欠損があり、以前はブリッジを装着していらっしゃいまいた。この支台歯(橋渡しをしていた下駄にあたる歯)の負担を考え、ブリッジからインプラント治療に変えるご決断をされました。
 この欠損の部分に、インプラント体を埋入し、骨とインテグレーション(結合)するお時間を頂いていたのですが、何分前歯のことですから、見た目の問題がありますので、仮歯を入れて時を待っていました。
 患者様は「最終に入れてもらう時は、繋がないで被せて欲しい」とおっしゃいました。
 現在のインプラント治療では、天然歯とインプラント体(フィクスチャー)を繋げることはまずないので、「もちろん単独でそれぞれに被せますよ。」と再度ご説明申し上げました。
 今までに入っていたブリッジの構造上、支台歯の負担を考えてのインプラント治療であったこと、インテグレーションする間に、審美性を考慮しての仮歯が以前のブリッジと類似した形態であった事などから、患者様は不安を抱かれたのですね。私の説明不足でした。
 十分にご説明させて頂いたつもりでも、患者様とのコミュニケーションを疎かにしては、治療が成り立たないと感じました。
 今月のDr.向けの勉強会は、8月21日(金)に開催されますので、参加ご希望の先生は、院長までご連絡下さい。
 
e0136736_20461447.jpg

 いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
 
 
[PR]
by inoue-dental | 2009-08-19 20:46
 こんにちは,再生センター副センター長の武田敦子です.
 暑いです.診療室から出る時間は日も暮れていて,夜であるのに,熱気で眩暈がしそうです.
 先日,インプラントの埋入手術を受けられた患者様にも,「お休みになられる前に,鎮痛剤を服用なさって下さい.ゆっくりお休みになれるように.」と申し上げました.
 何もなくても,寝苦しい毎日が続いています.この時期にインプラントの埋入手術を受けられる患者様の心配事の中に,夜,睡眠を充分に取って頂けないと云うことがあります.
 これは,インプラント埋入手術を受けられて,気が立っていらっしゃる事も一つの要因としてありますが,「寝苦しい」と思われる,熱帯夜にも影響されると考えます.
 睡眠が充分でないと,ご自身の体力の回復もままならず,インプラント埋入手術だけに限らず,「手術」に感じるストレスや緊張で消耗される気力は,「お疲れ」となり,傷を癒すには,不利な状況となります.
 私事ですが,何でも「寝る」と治ります.
 皆様も,この時期に「回復」される独自の方法がおありかも知れませんね.

 いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
 インプラントのお問合せは
  京都インプラント再生センター
  武田先生のブログはこちら(水曜日に更新)
  畑山先生のブログはこちら(金曜日に更新)
[PR]
by inoue-dental | 2009-08-12 23:56
 こんにちは、再生センター副センター長の武田敦子です。
 梅雨が明けました、やっとですね。
 明けても暑さは変らず・・・。皆様の体調管理は万全ですか?
 今回は先日行いました、インプラント埋入手術のお話をしたいと思います。
 患者様は長年義歯をお使いでしたので、ご自身がお好きな蛸やイカといった魚介類が食べにくいと感じていらっしゃいました。かと言って丸呑みするのも味気ないし・・・。
 私はかなりのお肉好きなので、インプラント治療を受けられ、「咬める」様になられた患者様に、「これでお肉がおいしく召し上がって頂けます。」と申し上げることがあるのですが、これは、私だけの狭い尺度での物言いでした。
 患者様にとっては、当たり前のことですが、「お好きなモノ」はそれぞれで、また、今回の一件で、魚介類も義歯では食べにくい事が、よくわかりました。
 インプラントの埋入手術を終えられ、「イカとか蛸を食べたいんやけど。もう食べてもいいか?」と患者様は早くお好みのお食事を召し上がりたいご様子でしたが、インプラント治療では、咬合圧(噛み合わせの時にかかる力)のかかるタイミングをコントロールする期間を頂く事があるので、「もう少しだけ、お待ち下さい。ここで力を制御しておくと、しっかりとインプラント体が骨とくっつきますので。」とご説明申し上げ、お待ち頂いております。
 
e0136736_21161031.jpg

 いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを使用することにより、患者さんは痛くなく、腫れないで、早く噛めるようになりました。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
 インプラントのお問合せは
  京都インプラント再生センター
  武田先生のブログはこちら(水曜日に更新)
 畑山先生のブログはこちら(金曜日に更新)
[PR]
by inoue-dental | 2009-08-05 21:17