京都府京都市左京区のインプラント専門いのうえまさとし歯科医院


by inoue-dental
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長・瀬川篤典です。今週に入り、少し寒さも和らいできた感があります。しかし来週はまた寒くなるようで、まだまだ厳しい日々は続きそうです。

e0136736_2223229.jpg上の奥歯の部分にインプラントを行う場合、一つの問題があります。上の奥歯の上部には上顎洞という骨のない部分があって、インプラントに必要な骨の高さが足りないことが多いのです。上顎洞はちょうど鼻の横にあたり、鼻から吸い込んだ空気に適当な温度と湿度を与える目的があると考えられています。上顎洞の下部の骨が歯周病で吸収を起こした上に、加齢的に上顎洞は広がると言われており、同部の骨の高さが1mmもないということもあります。
そのような場合、サイナスリフトやソケットリフトという方法を用います。上顎洞の底部に骨材を填入すれば、骨材が骨に転化するのです。その後インプラントを埋入することが可能になります。しかし、上顎洞の手術は非常に難しいため、経験の乏しい歯科医師(歯科医院)では、その部分はインプラントができませんと言われたりします。
当院の歯科医師は全員口腔外科で訓練を受けており、上顎洞について熟知しています。上顎洞の手術も日常的に行っております。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
  インプラントのお問合せは
 京都インプラント再生センター

当院院長のブログは毎週日曜日更新です。
畑山先生のブログは毎週金曜日更新です。
[PR]
by inoue-dental | 2009-01-28 22:24

ショートインプラント

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長・瀬川篤典です。寒い日が続いております。天気予報ではこの日になれば温かくなりますとの予報ですが、いっこうにそのような気配はありません。早く温かくなることを切に望んでおります。

e0136736_22153283.jpgインプラントをする部分の骨がない場合、従来は骨をつくってからインプラントを埋入するという手順が必要でした。特に下の奥歯の部分は骨の中に重要な神経が通っているため、その神経を無視してインプラントを埋入することはできません。
このように骨の高さが乏しいケースでも、ショートインプラントと呼ばれるインプラントを用いれば、特に骨の移植などを行うことなくインプラント治療をすることが可能です。ショートインプラントというのは、一般的には8mm以下の短いインプラントのことを指します。
もちろん長いインプラント(13mmや16mm)の方が、噛む力により耐えうるというのは間違いありません。しかし最近では、8mm以下のショートインプラントでも十分噛む力を支えることができることが分かってきたのです。
当院ではインプラント治療のオプションの一つとしてショートインプラントも使用しています。しかし、骨のないケースをすべてショートインプラントで治療しているのではありません。All-on-4を始め、いろいろな特殊な方法で難しいケースの治療を行っております。その患者様にとって最良の治療をさせていただくにあたって、選択肢の一つとしてショートインプラントがあります。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
  インプラントのお問合せは
 京都インプラント再生センター

当院院長のブログは毎週日曜日更新です。
畑山先生のブログは毎週金曜日更新です。
[PR]
by inoue-dental | 2009-01-21 22:16

インプラント手術の時間

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長・瀬川篤典です。寒さが衰えることのない1週間でしたので、雪の中ご来院いただいた患者様には非常にご足労をおかけしました。まだまだ寒い日が続きそうですので、気をつけください。

e0136736_1105033.jpg当院では、インプラント1本当たり平均20分で手術しています。早く終わるということは患者様が楽ということはもちろんですが、それ以外にも術後の感染や腫れが最小限に抑えられるという利点があります。インプラントの手術に限った話ではありませんが、歯茎を切開して開いている時間が長ければそれだけ、細菌に暴露する機会も増えるわけですし、また身体の反応として腫れの度合いが大きくなりうるのです。
しかし、インプラントの手術を早く行うということは、容易なことではありません。まず患者様の骨の状態を術前に正確に把握できていなければなりません。当院ではどんなに簡単なケースに見えるような方でも、術前にCT撮影させていただいております。もちろん当院はCT完備です。次にさまざまなインプラントシステムに精通していることが必要です。現在インプラントシステムは多数発売されており、それぞれに利点・欠点を有しています。患者様の状態に応じて臨機応変にインプラントシステムを選択していきます。それによって手術の効率化が図れます。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
  インプラントのお問合せは
 京都インプラント再生センター

当院院長のブログは毎週日曜日更新です。
畑山先生のブログは毎週金曜日更新です。
[PR]
by inoue-dental | 2009-01-14 23:52
新年あけましておめでとうございます。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長・瀬川篤典です。本年もよろしくお願いします。

e0136736_0175645.jpgきのうから2009年の診療が始まりました。医院には患者様からをはじめ非常にたくさんの年賀状が届いており、さっそく読ませていただきました。年賀状にはインプラントをして何でも噛めるようになった喜びのメッセージがありました。このような患者様の中にはブリッジや取り外しの入れ歯の不自由さからインプラント治療を希望された方がたくさんおられ、その患者様の生の声をこうして聞かせていただけると、やはりインプラント治療というのは現時点では最高の治療法なのだと再確認することができます。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
  インプラントのお問合せは
 京都インプラント再生センター

当院院長のブログは毎週日曜日更新です。
畑山先生のブログは毎週金曜日更新です。
[PR]
by inoue-dental | 2009-01-07 23:12