京都府京都市左京区のインプラント専門いのうえまさとし歯科医院


by inoue-dental
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長・瀬川篤典です。最近の昼間は汗ばむ暑さになることも多く、当院の患者さんも入ってこられてしばらくはハンカチが手放せないご様子です。

e0136736_22421676.jpg5/25は当院院長と畑山先生とともに、グランドプリンスホテル新高輪・国際館パミールで開かれたNobelBiocareエステティックフォーラム2008に参加してきました。コンセプトがノーベルガイドをはじめとした先進的な治療法をこれから導入を考えておられる先生方に対するアピールであったためか、内容的には初級~中級といったものでした。会場で、徳島の藤島先生、小倉の小谷先生、京都の武田先生…どの先生も先進のインプラント治療を積極的に行っている先生方なのですが、インプラント治療についていろいろと意見交換をさせていただきたいへん勉強になりました。

最近こちらでインプラント治療を希望される患者さんの中に、非常に高名なクラシックギターの先生がおられます。先日この先生にCDを頂戴いたしましたので、さっそく拝聴させていただきました。クラシックギターに関して"超"がつく初心者の私が評するのはたいへん失礼であることを承知の上一言書かせていただければ、その音色はどこか温かくそれでいて繊細なものを感じました。このように著名な音楽家の先生が当院を選んでいただいたこと、たいへん光栄に思っております。
実はこの先生は、ご夫婦で新幹線で1時間ほどもかけて来院してくださっております。当院ではノーベルガイドを用い、抜歯→インプラント埋入→仮歯までをたった1日で行う独自の方法で、このように遠方からきていただく患者さんにもインプラントが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
  インプラントのお問合せは
 京都インプラント再生センター

当院院長のブログは毎週日曜日更新です。
畑山先生のブログは毎週金曜日更新です。
[PR]
# by inoue-dental | 2008-05-28 13:49

インプラントと歯周病

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長・瀬川篤典です。最近やっと季候がよくなってきました。この前までけっこう寒かったり、もうすぐ6月で梅雨に入ってしまうのでしょうが、そう考えると春の気持ちいい時期っていうのは意外と短いのかもしれません。このチャンスにできるだけいろいろ出かけようと思います。

歯周病で歯がぐらついてきた場合、いままでは隣同士の歯をくっつけたりかみ合わせをゆるめたりして、できるだけその歯を残すことに主眼が置かれてきました。しかし、歯周病の原因を完全に除去されないままそういう処置を行うと、歯の周りの骨の吸収がどんどん進んでしまうことがあります。当院にインプラントの相談にこられる患者さんでもよく見られます。インプラント治療をする場合、重度の歯周病にかかっている歯はできるだけ早期に抜歯した方がいいのです。なぜならば、歯周病でなくなってしまう骨こそが、インプラント埋入に必要な骨だからなのです。
歯周病で歯が揺れてきてインプラント治療をお考えの方は、一度当院にご相談ください。当院では歯周病の状態を適切に判断し、上記のように早急に抜歯した方がいい、あるいはこの歯はまだ十分残りそうなど、まずはお話しさせていただいております。その上で治療に入っていきます。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
  インプラントのお問合せは
 京都インプラント再生センター

当院院長のブログは毎週日曜日更新です。
畑山先生のブログは毎週金曜日更新です。
[PR]
# by inoue-dental | 2008-05-21 23:50

オール・オン・4

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長・瀬川篤典です。もうすっかり暖かくなったと思えば、ここ数日は急に寒かったり…体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

今週、来週と(出張手術も含めて)数件のオール・オン・4(6)の手術があります。この手術は4~6本のインプラントで上の顎あるいは下の顎すべての歯を支える術式です。いちばん大きな特徴は、手術をしたその日に噛める歯を入れて帰っていただけるということです。しかし、通常は悪い歯は事前に抜歯しておかなければなりません。そうなれば、数ヶ月は入れ歯を使っていただくことになってしまい、患者さんには不自由な思いを強いてしまいます。当院では独自の方法で、重度の虫歯・歯周病の抜歯→インプラントを埋入→歯を入れさせていただくということがたった1日で可能です。
この手術を受けられる患者さんは、ほとんどが重度の歯周病でしっかり噛めない方ばかりです。それが1日でしっかり噛める歯が入るので、みな驚きと喜びの声を上げられます。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
  インプラントのお問合せは
 京都インプラント再生センター

当院院長のブログは毎週日曜日更新です。
[PR]
# by inoue-dental | 2008-05-14 23:22
みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長・瀬川篤典です。とうとうゴールデンウィークも終わってしまいました。みなさんはどこかに出かけたのでしょうか?それとも、家でゆっくりとされていたのでしょうか?

e0136736_23455518.jpgインプラントの手術に二次手術があります。これはインプラントを埋入(これを一次手術といいます)して、数ヶ月インプラントが骨と結合するのを待った後に頭出しをする手術のことです。通常は一次手術と同じように歯肉を切開して、アバットメントという部品を取り付けて、縫合する…こういう手術をするのですが、当院では、切開をせずにその部分だけレーザーで穴を開けてアバットメントを取り付けて…以上で二次手術終了です。左は当院で使用しているレーザーです。手順が少なくてすむので、患者さんにお口を開いておいていただく時間がかなり短縮されます。本当にあっという間に終わってしまうのです。さらにいくつかのメリットがあります。ピンポイントでレーザーを当てるため、切開をするよりも麻酔の範囲が小さくてすみます。また手術後の痛みや腫れが少なくてすみます。そして、縫合しないので抜糸のために来院していただく必要がありません。
もちろん一次手術をレーザーでというのはさすがに難しいのですが、そういう場合はノーベルガイドを用いれば切開や縫合をせずに手術を行うことが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
  インプラントのお問合せは
 京都インプラント再生センター

当院院長のブログは毎週日曜日更新です。
[PR]
# by inoue-dental | 2008-05-07 23:44

出張手術

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長・瀬川篤典です。このゴールデンウィークは毎日快晴が続くようです。お出かけされるには季候も良く、天気も良ければこれ以上のことはないのではないでしょうか。

いよいよ明日から5月です。当院では、木曜日の午後と土曜日を他院への出張手術の日とさせていただいているのですが、5月の出張手術の日はもうすでにほとんどが埋まってしまっています。その上、まだ日時の決まっていない出張手術は3件ほどあります。近頃インプラントの認知度が急激に高まり、当院においても相談に来られる患者さんは絶えることがありません。おそらく他院でも同様なのでしょう。ひとくちにインプラントの手術と言っても、非常に簡単な方から、難しい方までいろいろです。そういう難しい方のインプラントの手術は、当院に出張手術の依頼をされるのです。インプラントはすばらしい治療法です。とくに義歯(入れ歯)とは比べものにならないほど噛めます。そのような患者さんがいれば、われわれはどんどん出張手術いたします。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
  インプラントのお問合せは
 京都インプラント再生センター

当院院長のブログは毎週日曜日更新です。
[PR]
# by inoue-dental | 2008-04-30 23:58